DC Movies Wiki
Advertisement
スーパーマン リターンズ
Superman Returns
監督 ブライアン・シンガー
脚本 マイケル・ドハティ
ダン・ハリス
製作 ブライアン・シンガー
ギルバート・アドラー
ジョン・ピーターズ
出演者 ブランドン・ラウス
音楽 ジョン・オットマン
撮影 ニュートン・トーマス・サイジェル
編集 エリオット・グラハム
ジョン・オットマン
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2006年6月28日
[[image:テンプレート:Country flag alias Japan|border|25x20px|テンプレート:Country alias Japanの旗]] 2006年8月19日
上映時間 154分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $270,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $200,069,000[1]
(全世界)$391,081,192[1]
allcinema
キネマ旬報
AllRovi
IMDb
  

スーパーマン リターンズ』(Superman Returns)は、2006年アメリカ映画。1987年の第4作から約18年ぶりのシリーズ作品。クリストファー・リーヴ主演の全4作の中より第2作目の『スーパーマン II/冒険篇』から5年後のストーリーを継承した設定となっている。

あらすじ[]

スーパーマンが地球から消えて5年。彼は故郷の星「クリプトン」の残骸が発見されたと聞き、一人で地球に乗ってきた宇宙船により旅立った。その寂しさから愛するロイスに別れも言えずに…。

故郷周辺に辿り着くも何一つ残っていなかった宇宙墓場から再び地球に帰還した彼は、変わってしまった地球に困惑する。犯罪、紛争、悲鳴。そしてロイスは母となり、婚約者がいる。何より彼女は「なぜスーパーマンは必要ないか?」という記事でピューリッツァー賞まで受賞していた。せめて彼女だけは変わらないと思っていた…。

そんな中、釈放された宿敵レックス・ルーサーは「スーパーマンの家」、北極にある“孤独の要塞”に忍び込み、クリプトン科学の結晶クリスタルを盗み出した。そして地球規模の地震と共に、大犯罪計画が実行される。

父は言った。「人間は素晴らしい存在になる。それを導く光があれば。だからこそお前を地球に送ったのだ。息子よ。」 光よりも速く飛び、どんな銃弾もはね返す鋼鉄の肉体。ヒーロー史上最強の男が、深紅のケープをひるがえし今再び降り立つ。

キャスト[]

役名 俳優 日本語版
クラーク・ケント、スーパーマン ブランドン・ラウス 東地宏樹
ロイス・レイン ケイト・ボスワース 安藤麻吹
レックス・ルーサー ケヴィン・スペイシー 石塚運昇
新キャラ、リチャード・ホワイト ジェームズ・マースデン 平田広明
ロイスの息子ジェイソン・ホワイト トリスタン・レイク・リーブ
ペリー・ホワイト フランク・ランジェラ 稲垣隆史
マーサ・ケント エヴァ・マリー・セイント 麻生美代子
キティ・コワルスキー パーカー・ポージー 雨蘭咲木子
ジミー・オルセン サム・ハンティントン
老バーテンダー ジャック・ラーソン 藤本譲
ガートルード・ヴァンダーワース ノエル・ニール
ジョー・エル マーロン・ブランド(1978年版の映像から) 小川真司

スタッフ[]

  • 監督:ブライアン・シンガー
  • 脚本:マイケル・ドハティ、ダン・ハリス
  • VFX:リズム&ヒューズソニー・ピクチャーズ・イメージワークスフレームストアCFC
  • 音楽:ジョン・オットマン
  • テーマ曲:ジョン・ウィリアムズ

エピソード[]

テンプレート:雑多な内容の箇条書き

  • CGを駆使して、故人である俳優マーロン・ブランドを出演させて話題になった。
  • スーパーマン役はアメリカカナダオーストラリアなどで公開オーディションを行い、ブライアン・シンガー監督の「原作コミックのイメージに一番近い」評価を受け、ブランドン・ラウスが選ばれた。
  • エンドロールにて、旧4部作にてスーパーマン役を務めたクリストファー・リーヴとその妻のディナ・リーヴに敬意を表して、「この映画を故クリストファー・リーヴならびに故ディナ・リーヴに捧ぐ」というテロップが入れられている。
  • この作品で世界で初めて、パナビジョン社が開発したデジタルシネマカメラ、ジェネシスで撮影された。
  • ハリウッド映画の実写映画として初めてIMAX 3D版も制作された[2]。これは、ブライアン・シンガー監督が選んだ4シーン(約20分間)を3次元映像化したものである。日本でもメルシャン品川IMAXシアターで公開された[3]
  • 『スーパーマン』の最初の実写版映画化(1948年、1950年)とTVシリーズでロイス・レーンを演じたノエル・ニールが、ルーサーに騙されて遺産を送る病床の老富豪を演じている。ニールは1978年の『スーパーマン』にも最初のスーパーマン俳優カーク・アレンと共に、少女時代のロイス・レーンの両親役で出演している。
  • 『スーパーマン』のTVシリーズでジミー・オルセンを演じたジャック・ラーソンが老バーテンダー役で出演している。
  • 2006年のF1モナコグランプリではレッドブル・レーシングとのタイアップによるプロモーションが展開され、大きな話題を呼んだ。
  • 劇中、クラークが見ているテレビ画面の中で、ニュースキャスターが『ワシントン、ヒューストン、ゴッサム、……』と地名を言い連ねている。
  • 上映当初は大きく話題を集めた作品だが、興行的には予算の約0.7倍と振るわず、当初計画されていた続編の製作も封印された[4]。その後、ワーナーからは新規3部作の構想が明かされ、本作は事実上「なかったこと」にされてしまった。
  • かつての企画はティム・バートンが監督で予定されていた。その際にはスーパーマン役にニコラス・ケイジでレックス役には本作品と同じくケヴィン・スペイシーがキャスティングされていた。バートンは更にスーパーマン役の候補としてデイヴィッド・ドゥカヴニーレイフ・ファインズを考えていた。結局ケイジで企画が進み始めた頃に、予算がかかりすぎると言う理由で二人は降板した。

脚注[]

テンプレート:脚注ヘルプ

関連項目[]

  • スーパーマン II/冒険篇

外部リンク[]

テンプレート:Commons

テンプレート:スーパーマン テンプレート:ブライアン・シンガー監督作品 テンプレート:Link GA

ar:عودة سوبرمان (فيلم) bs:Superman: Povratak cs:Superman se vrací da:Superman Returns de:Superman Returns es:Superman Returns fa:بازگشت سوپرمن (فیلم) fi:Superman Returns fr:Superman Returns he:סופרמן חוזר hu:Superman visszatér id:Superman Returns it:Superman Returns nl:Superman Returns no:Superman Returns pl:Superman: Powrót pt:Superman Returns ro:Superman Revine ru:Возвращение Супермена sv:Superman Returns tr:Superman Dönüyor zh:超人再起

Advertisement