DC Movies Wiki
Advertisement
ヒストリー・オブ・バイオレンス
A History of Violence
監督 デヴィッド・クローネンバーグ
脚本 ジョシュ・オルソン
製作 クリス・ベンダー
デヴィッド・クローネンバーグ
J・C・スピンク
製作総指揮 ジャスティス・グリーン
ロジャー・E・カス
ジョシュ・ブラウン
出演者 ヴィゴ・モーテンセン
マリア・ベロ
エド・ハリス
音楽 ハワード・ショア
撮影 ピーター・サシツキー
編集 ロナルド・サンダース
配給 アメリカ合衆国の旗 ニュー・ライン・シネマ
日本の旗 ムービーアイ
公開 [[image:テンプレート:Country flag alias FRA|border|25x20px|テンプレート:Country alias FRAの旗]] 第58回カンヌ国際映画祭
アメリカ合衆国の旗 2005年9月23日
日本の旗 2006年3月11日
上映時間 96分
製作国 テンプレート:CAN
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $32,000,000[1]
興行収入 $60,740,827[1]
allcinema
キネマ旬報
AllRovi
IMDb
  

ヒストリー・オブ・バイオレンス』(原題: テンプレート:En)は、2005年制作のアメリカカナダ合作映画。

カナダ人監督デヴィッド・クローネンバーグジョン・ワグナー同名のグラフィックノベルを映画化したバイオレンス・サスペンス

2005年アカデミー賞では脚色賞と、ウィリアム・ハートが助演男優賞にノミネートされた。また、アメリカの評論家から絶賛され、『ローリング・ストーン』誌の2005年のBest top 10で1位に選ばれた。

日本では劇場公開時R-15指定になっている。 テンプレート:ネタバレ

あらすじ[]

インディアナ州の田舎町ミルブルックにある小さなダイナーのオーナー、トム・ストール(ヴィゴ・モーテンセン)は、弁護士の妻エディ(マリア・ベロ)と高校生の息子ジャック(アシュトン・ホームズ)、娘サラ(ハイディ・ヘイズ)とともに穏やかな日々を送っていた。

そんなある日、トムの店が拳銃を持った強盗リーランド・ジョーンズ(スティーヴン・マクハティ)とウィリアム・オーサー(グレッグ・ブリック)に襲われるが、トムは驚くべき身のこなしで2人を撃退する。店の客や従業員の危機を救ったトムは一夜にして地元のヒーローとなった。

それから数日後、片目のえぐれたフィラデルフィアマフィア、カール・フォガティ(エド・ハリス)がダイナーに現われ、過去を知っているような口調でトムに親しげに話しかける。フォガティは、トムの本名はジョーイ・キューザックで、フィラデルフィア・マフィアのボス、リッチー・キューザック(ウィリアム・ハート)の弟だと主張する。トムはそれは完全な人違いでありマフィアとは面識がないと否定するが、フォガティはそれを受け入れず執拗に一家につきまとう。

神経質になるトムのいらつきを感じ取った家族はぎくしゃくし始める。果たしてトムはフォガティの言うように前科者のジョーイ・キューザックなのか、それとも単なる人違いなのか…。 テンプレート:ネタバレ終了

キャスト[]

役名 俳優 日本語吹替
トム・ストール ヴィゴ・モーテンセン 木下浩之
エディ・ストール マリア・ベロ 唐沢潤
カール・フォガティ エド・ハリス 土師孝也
リッチー・キューザック ウィリアム・ハート 麦人
ジャック・ストール アシュトン・ホームズ 大須賀純
サム・カーニー保安官 ピーター・マクニール 松井範雄
リーランド・ジョーンズ スティーヴン・マクハティ
ウィリアム・オーサー グレッグ・ブリック
サラ・ストール ハイディ・ヘイズ 岡嶋妙
  • 演出:佐藤敏夫 翻訳:田尾友美 制作:東北新社

主な賞歴[]

受賞[]

  • ニューヨーク映画批評家協会賞(2005年)
    • 助演男優賞:ウィリアム・ハート
    • 助演女優賞:マリア・ベロ
  • ロサンゼルス映画批評家協会賞(2005年)
    • 助演男優賞:ウィリアム・ハート
  • トロント映画批評家協会賞
    • 作品賞
    • 最優秀カナダ映画賞
    • 監督賞
  • シカゴ映画批評家協会賞
    • 監督賞
    • 助演女優賞:マリア・ベロ
  • 全米映画批評家協会賞(2006年)
    • 監督賞
    • 助演男優賞:エド・ハリス

ノミネート[]

  • アカデミー賞(2005年)
    • 脚本賞
    • 助演男優賞:ウィリアム・ハート
  • カンヌ国際映画祭(2005年)
    • パルム・ドール
  • ゴールデングローブ賞(2006年)
    • 作品賞(ドラマ部門)
    • 女優賞(ドラマ部門):マリア・ベロ

その他[]

  • 冒頭に出てくる2人組の強盗リーランド・ジョーンズ(Leland Jones)とウィリアム・オーサー(William Orser)の名は、『セブン』(1995年)で土曜日・第4の殺人「Lust」(肉欲)を犯すキャラクターを演じた、俳優のリーランド・オーサー(Leland Orser)から取られている。
  • 実際のインディアナ州にミルブルックという地名は存在しないが、映画のロケ地となったカナダオンタリオ州にはミルブロックが存在する。
  • 原作コミックと映画には数々の違いがあり、ジョーイとリッチーが兄弟となっているのは映画のみの設定。原作ではリッチーはニューヨーク在住だが、映画ではフィラデルフィア在住となっている。ちなみに「フィラデルフィア」の地名はギリシア語の「兄弟愛の市」から来ており、街の標語も「Philadelphia maneto兄弟愛)」である。

キャッチコピー[]

愛は過去の暴力を超えることができるのか?
あなたは相手の全てを知っても受け入れる自身がありますか?

出典[]

  1. 1.0 1.1 テンプレート:Cite web

外部リンク[]

  • テンプレート:Official (英語)
  • 予告編

テンプレート:デヴィッド・クローネンバーグ監督作品

ca:Una història de violència da:A History of Violence de:A History of Violence es:A History of Violence (película) fi:A History of Violence (elokuva) fr:A History of Violence (film) hu:Erőszakos múlt it:A History of Violence nl:A History of Violence (film) no:A History of Violence pl:Historia przemocy pt:A History of Violence ru:Оправданная жестокость sr:Насилничка прошлост (филм) sv:A History of Violence (film)

Advertisement