DC Movies Wiki
Advertisement
RED/レッド
Red
監督 ロベルト・シュヴェンケ
脚本 原作:
ウォーレン・エリス
カリー・ハムナー
脚本:
ジョン・ホーバー
エリック・ホーバー
製作 ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ
マーク・ヴァーラディアン
製作総指揮 ジェイク・マイヤーズ
グレゴリー・ノヴェック
出演者 ブルース・ウィリス
モーガン・フリーマン
ジョン・マルコヴィッチ
ヘレン・ミレン
音楽 クリストフ・ベック
編集 トム・ノーブル
製作会社 サミット・エンターテインメント
ディ・ボナヴェンチュラ・ピクチャーズ
DCエンターテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗 サミット・エンターテインメント
日本の旗 ウォルト・ディズニー・スタジオ
公開 アメリカ合衆国の旗 2010年10月15日
日本の旗 2011年1月29日
上映時間 111分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $58,000,000[1]
興行収入 $164,857,395[1]
allcinema
キネマ旬報
AllRovi
IMDb
  

RED/レッド』(原題: テンプレート:En)は、2010年アメリカ映画DCコミックのインプリントであるオマージュ・コミックから出版された同名のグラフィックノベルが原作である。

タイトルは「Retired Extremely Dangerous」(引退した超危険人物)の略である[2][3]

ストーリー[]

フランクは元・CIAの腕利きのエージェント。現在は引退し、田舎で一人のんびりと平和に暮らしていた。ある夜更け、家に何者かが自宅に侵入したが、フランクはこれを片付け、更には外で銃弾を放つ敵もかたなく葬り去る。役所に勤めるOLのサラの家へと向かい彼女に事情を話すが、全く信じてもらえず、言い争いの中で新たな敵が襲い掛かる。襲撃した者がCIAに関わりがあることを知ったフランクはかつての仲間であるジョー、マーヴィンと元・MI6の名狙撃手であるヴィクトリアと共に陰謀に立ち向かう。

キャスト[]

役名 俳優 日本語吹替
フランク・モーゼズ ブルース・ウィリス 磯部勉
ジョー・マシスン モーガン・フリーマン 坂口芳貞
マーヴィン・ボッグス ジョン・マルコヴィッチ 樋浦勉
ヴィクトリア ヘレン・ミレン 沢田敏子
サラ・ロス メアリー=ルイーズ・パーカー 山像かおり
ウィリアム・クーパー カール・アーバン 川島得愛
イヴァン・シモノフ ブライアン・コックス 石田太郎
ロバート・スタントン ジュリアン・マクマホン 大滝寛
シンシア・ウィルクス レベッカ・ピジョン 勝生真沙子
アレクサンダー・ダニング リチャード・ドレイファス 小島敏彦
ヘンリー アーネスト・ボーグナイン 藤本譲
ガブリエル・シンガー ジェームズ・レマー 秋元羊介

製作[]

2008年6月サミット・エンターテインメントはホーバー兄弟の脚本による映画化計画があることが発表された。企画はロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラによるものである[4]

2009年4月までに、ブルース・ウィリスを主演のフランク役にするために交渉がされていた[5]。7月、更にモーガン・フリーマンを共演者に、ロベルト・シュヴェンケを監督にするために交渉中であると報じられた[6][7]。11月、ヘレン・ミレンがフリーマンとウィリスと共演すると報じられた[8]。また同月、ジョン・C・ライリーメアリー=ルイーズ・パーカージュリアン・マクマホンアーネスト・ボーグナインリチャード・ドレイファスブライアン・コックスへも交渉中であることが明らかとなった[9][10]

2009年12月、サミット・エンターテインメントは公開日は2010年10月22日の予定であると発表した[11](後に1週間前倒しとなる10月15日に変更)。また同月にジェームズ・レマーカール・アーバンの出演が明らかとなった[12][13]。2010年1月、降板したジョン・C・ライリーに代わってジョン・マルコヴィッチが出演することがわかった[14]

主要撮影は2010年1月18日にカナダトロントで始まった[15]。3月にはニューオーリンズフレンチ・クオーターでも行われた[16]。8月にはルイジアナ州で追加撮影が行われた[17]

公開[]

マーケティング[]

2010年6月にティーザー予告が公開された[18]。翌7月にはコミコン・インターナショナルで予告が公開された[19]。ワールドプレミア上映は10月11日にロサンゼルスのチャイニーズ・シアターで行われた[20]

批評家の反応[]

Rotten Tomatoesによると、70%(179名中126名)の評論家が本作に肯定的な評価を下し、また平均点は10点満点で6.3点となった[21]。他に、Metacriticでの平均スコアは、34のレビューで100点満点中60点だった[22]

ロジャー・エバートは4つ星満点で2つ星を与え、「良くも悪くもない」と評した[23]

興行成績[]

北米の3081館で公開され、公開初週末3日間で2250万0000ドルを稼ぎ、『ジャッカス 3D』に次いで初登場2位となった[24]

受賞・ノミネート[]

第15回サテライト賞のミュージカル・コメディ映画賞、ミュージカル・コメディ映画主演男優賞(ジョン・マルコヴィッチ)、ミュージカル・コメディ映画主演女優賞(メアリー=ルイーズ・パーカー)、第68回ゴールデングローブ賞作品賞(ミュージカル・コメディ部門)にノミネートされた。

続編[]

続編の計画が進められており、サミット・エンターテインメントがホーバー兄弟に再び脚本執筆を依頼した[25]

参考文献[]

  1. 1.0 1.1 テンプレート:Cite web
  2. テンプレート:Cite web
  3. テンプレート:Cite web
  4. テンプレート:Cite web
  5. テンプレート:Cite webテンプレート:リンク切れ
  6. テンプレート:Cite web
  7. テンプレート:Cite web テンプレート:リンク切れ
  8. テンプレート:Cite web
  9. テンプレート:Cite web テンプレート:リンク切れ
  10. テンプレート:Cite web テンプレート:リンク切れ
  11. テンプレート:Cite web
  12. テンプレート:Cite web
  13. テンプレート:Cite web
  14. テンプレート:Cite web テンプレート:リンク切れ
  15. テンプレート:Cite web
  16. テンプレート:Cite web
  17. テンプレート:Cite web テンプレート:リンク切れ
  18. テンプレート:Cite web
  19. テンプレート:Cite web
  20. テンプレート:Cite web
  21. テンプレート:Cite web
  22. テンプレート:Cite web
  23. テンプレート:Cite webテンプレート:Rating
  24. テンプレート:Cite web
  25. テンプレート:Cite web

外部リンク[]

  • テンプレート:Official

テンプレート:Movie-stub

de:R.E.D. – Älter, Härter, Besser es:Red (película) fa:رد (فیلم ۲۰۱۰) fr:Red (film, 2010) he:רד (סרט) it:Red (film 2010) pl:Red (film) pt:Red (filme de 2010) ru:РЭД sv:Red (film) uk:Ред (фільм) zh:超危險特工

Advertisement